車やバイクの売買、買い取り情報ならお任せください☆CAR STYLE NAVI

【CAR STYLE NAVI】 【CAR STYLE NAVI】 【CAR STYLE NAVI】 【CAR STYLE NAVI】 【CAR STYLE NAVI】
 

CAR STYLE NAVI ロゴ

車の売買方法メリット・デメリット

買い取り会社に委託
ガリバーやアップル、カーセブンなど車の買取を主な事業としている会社が多数あります。
説明不要かもしれないですが、車を買取し、買取した価格よりも高く車を売却することにより差額にて利益を得ているのが車の買取店です。
また車の買取店の特徴としては、買取した車を短期間で売却するということがあります。
これらは車両の保管場所に掛る経費、在庫として車を保有しているリスクを極力少なくし営業することが出来るということです。
さらに、現時点では車買取を行っている店舗もあまり立派な建物であることが少ないです。
削れるコストは最大限削り、車の買取価格に反映させることで下取価格等と比べ、有利な車買取価格提示を行い集客に繋げているのですから仕方ないですよね。

個人売買とは
車を売るにあたり一番高く売れる可能性を秘めているのは純粋な個人売買です。
ただ日本では個人売買で車を売却したり、購入したりすることは稀とってもよいでしょう。
もちろん車売買の市場規模から考えたらで、個人売買で車の売り買いが行われていない訳ではありません。

現在、個人売買が盛んでない理由
これには幾つか考えられますが、名義変更や車両代金の支払いなど車の売り手、車の買い手ともに不安な要素がいくつかあるからです。
この他にも車の売却後にクレームを言われたり、実際車を購入してみたら申告内容と違う修復歴車であったりなど、走行距離改竄車であったりと車両状態についての不安も付きまといます。
それと同時に、車の売り手と車の買い手との需要バランスも大いに関係しています。

個人売買と相性が良い車両とは
色々な不安要素はつきまとうものの車の売り手としては出来るだけ高く車を売りたいのが信条ですよね。
でも、もし全ての車が個人売買で売却可能かといえば答えは断言してノーとなります。
仮にリスクをとったっとしても数十万円程度売却価格が高くなるならば個人売買も悪くないと思うのですが、ここで仮定を立てると車の買取店で査定ゼロだったとして、個人売買ならば1万円で売れるとします。
そこであなたならば個人売買で車を売却しますか?
もし私なら査定価格ゼロ円でも車の買取店に売却します。
理由は単純明快で、車の買取店ならば名義変更などの不安が一切ないからです。
もし1万円で車を売却できたとしても名義変更してもらえないリスクと1万円を比較したら後者の方がはるかに大きいからです。
ここで名義変更されないと翌年の自動車税の納付通知が届く、交通違反の呼び出しが来る、交通事故で損害賠償を請求されるといった非常に厄介なリスクが発生します。
それは自動車売買契約書を作成していても同様です。
車の買取店の買取価格5万円<個人売買10万円くらいでも車の買取店に私の場合だと売却します。
このあたりは各々で見解が分かれるとは思いますが、10万円以上車が高く売れないのであれば個人売買で車を売ることは止めます。あくまで個人的な見解ですけどもね^^;

下取(新車・中古車)
車を新規で購入する際に新たな車の購入価格と現在の車の下取価格を差し引きし、車の売買をするのが下取りです。
そこに明確な定義があるわけではありませんが一応概要とさせていただきます。
ここでは主に新車の下取のケースで考えてみます。
一昔前までだと新車購入ならば現在所有している車は下取へというの一般的でした。しかし、近年では車の買取店を利用する方の割合が増加していますが、それでも新車を購入する際に新たな車の下取車として売却される方もまだまだ多くいらっしゃるのも現状です。

下取を利用するメリットとは
車の購入と車の売却が簡単に一度で出来てしまうので非常に面倒がなくてよいです。

下取を利用するデメリットとは
新たな車購入の値引き価格と下取価格とが今一あいまいにされてしまうことも多く、下取車の本来の価値が見えなくなります。
また、場合によっては本来得られたはずの車売却価格分を損することにもなりかねなせんので気をつける点でもあります!
自身が損をしない為には、車の買取店で査定を受け、下取車の買取相場を把握しておくことが大事です!
そして商談時には最大限の値引を引き出した後、さらに下取価格がアップしないか交渉します。
その下取価格と車の買取価格とを比較し高い方を選択します。
もしも車の買取価格のほうが高いようであれば、下取車分は現金で充当することも可能な契約にしておくことを勧めます。
仮に下取価格50万円<車の買取価格60万円であったのならば、差額の10万円分得をすることになります。